夜、眠るときが不安という方はへ*たった8文字で幸せになれる科学を実行してみましょう♪

 

こんにちは。

複雑性PTSD相談室

Yoshie’s cafeの加納由絵です。

 

夜、眠る時に

「眠るのが恐い」と

感じたことはありませんか?

 

 

さて。
今日は、脳波の不思議な働きを使って
幸福のイメトレをしましょう♪というお話です。

人間は、催眠術に落ちやすい脳波数があるそうです。

あ、うさん臭い話ではなく(笑)

これは、脳科学の最先端をいく
アメリカの大学機関からの
研究情報です。

人間の脳波には、
α波、β波、θ波があることはご存知ですか?

アルファー波、ベーター波、シータ波ですね。

この中の、θ波の中で
7.3という脳波数の時が
人間が最も
催眠にかかりやすい状態なのだそうです。

催眠というのは、
自己暗示にも通じます。

脳が、想像や妄想を
現実として認知しやすい脳波ということです。

この、7.3という脳波数は
3歳児は、一日中
ほぼこの脳波数なのだそうです。

色々な空想物を信じやすい
染まりやすい
真っ白な年代の脳の状態ですね。

私たち、大人は
残念ながら、一日中
この7.3という数値を
キープして生活することはできません。

でも、どんな人でも
一日に1度、
必ずθ波が、7.3を通過する瞬間があります。

それは、いつだと思いますか?

人間の大人の脳波が
θ波7.3になるのは
眠りに落ちる寸前なのだそうです。

この、眠りに落ちる寸前に
明日の朝、目覚めた時に
自分がなっていたい状態を
8文字の漢字で思い浮かべながら眠ると

翌朝、目覚めた時
脳は、その漢字8文字で思い浮かべた状態から
一日をスタートするようになると言います。

例えば、
明日の朝、体調良く明るい気持ちで目覚めて
スムーズに一日をスタートしたいと思ったら

「元気溌剌・気分爽快」とか

穏やかに心が澄んだ状態で目覚めたいと思ったら

「温厚篤実(おんこうとくじつ)雲心月性 うんしんげっせい 」とか^^;

まあ、別に漢字8文字でなくても
OKなのですが。。

眠る時、
特に不安症の人や、一人暮らしで
眠ることに恐怖感のある方は
ちょっと試してみてください。

一生懸命に、
明日の状態を思い浮かべながら
漢字8文字を考えている間に
いつの間にか眠っていると思います。

。。間違えても、
四文字熟語をググりはじめたりしないように^^;
余計、眠れなくなりますからね。

これは、スポーツ選手の
大切な試合前のイメトレと似ています。

脳に自分が望む状態の情報を
送り続けてあげるのです。

脳は、心身全ての司令塔です。

あなたの心が不安定なのも
不安なのも
悲しいのも
辛いのも
寂しいのも

全ては、脳に刻まれている記憶が原因です。

子供の脳と違って
大人の脳は
断捨離をしながら毎日を送っています。

一日中、θ波7.3の3歳児と違い
いるものといらないものを
選別して記憶しているのです。

なんでもスポンジのように
あるだけ吸い込んでしまえる
真っ白な脳ではなく

無意識に
自分で、記憶する情報、捨てる情報を
選別しながら機能しています。

あなたは、辛くなってしまう記憶を
脳に溜め込む癖が付いています。

だから、ずっと辛いのです。

今夜から、
眠る寸前の漢字8文字、
試してみてくださいね。

続けているうちに、
明るい気持ちで
目覚めることが
できるようになりますよ^^



では、

今日も1日、お疲れさまでした。