自分はサイコパスだ!と思う複雑性PTSDの落とし穴

こんにちは。

複雑性PTSD相談室

Yoshie’s cafeの加納由絵です。

 

あなたは、自分のことを

サイコパスだ!と

思っていませんか?

 

自分にひどい仕打ちをした相手に

思い知らせるために

仕返しをした。

 

なんてひどいのだろう。

こういう自分はサイコパスだ!

 

そう思っていませんか?

 

では、考えてみましょう。

 

 

サイコパスというのは

「感情と行動が一貫していない人のこと」

をいいます。

 

つまり、その行動をしても

その行動に対する感情が

まったく一致しない症状のことです。

 

 

例えば、猫の目に

槍を刺している人の場合。

 

猫をひどい目にあわせてやろう!と

思考や感情が元になって

槍を刺したのだとしたら

 

それは、サイコパスではなく

ただの加害です。

 

猫の目に槍を刺すことに

何の感情も動かないし

 

それがひどいことだという

感覚や感情が一切動かないこと。

 

麻痺しているとか

そう思えないほど

心が荒んでいるということではなく

 

最初から何の感情もなく

ただ、その行為をすること。

 

それが、サイコパスです。

 

 

一方、あなたの場合はどうか?

というと

 

相手にひどい目にあわされた!

という

感情が起点になって

相手への攻撃や仕返しをしています。

 

これは、感情に突き動かされた

衝動的な行為・行動なので

サイコパスではなく

衝動的な加害行為になります。

 

前々から用意していた攻撃なら

計画的な加害です。

 

結論としては

サイコパスかどうか?という

その判断基準は

 

その行為は、感情が発端で

行われたことなのか

 

それとも

行った前も後も

その行為に対して

何の気持ちも動かず感慨もない状態が

サイコパスということになります。

 

よく、織田信長サイコパス説が

語られることがありますが

 

それは、なぜか?というと

気の毒、ひどい、理不尽

非人道的などという概念とは

まったく別次元で

 

「やりたかったから攻めた」

「だって、天下が欲しかったんだもん」と

あっけらかんとした理由で

戦を行っていたからです。

 

あなたが相手に対して

あっけらかんと攻撃をしてるのなら

サイコパス認定をもらえると思いますが

 

ほとんどの場合は

積年の恨みやつらみ

怒りや憎しみの感情が原因で

 

窮鼠猫を噛む状態で

攻撃をかけていることが

ほとんどなので

 

残念ながら

あなたは、サイコパスではありません。

 

そうなれたら良いのにと

憧れているだけです。

 

 

あなたがサイコパスに憧れるほど

つらい人生が長かった証拠なのでしょう。

 

その人生

これから先も続けますか?

 

もう遅いと

あきらめていませんか?

 

幸せになりたいと

思った瞬間から

あなたは、もう変化し始めています。

 

あとは、その方法を

手に入れるだけ。

 

幸せになるためには

自分の足で立って動く。

 

最初の一歩を

踏み出す勇気をお手伝いします。

 

どうぞお声かけください。

 

お待ちしています。

 

 


 

複雑性PTSDのための心理療法

予約受付中!